iQ-Companyのレイボードを試乗をしました!!
こんにちは。
今日は、iQ-Companyのレイボードのお話です。
4月のマリンダイビングフェアで実物をご紹介しましたが、
施設の設定はとても難しい状況でした。
どこでもできるスポーツではありませんし、安全上の課題を
クリアしてからでないと使うことができません。
いろんな課題をクリアして、今回、
神奈川県逗子市にあるマリンボックス100さんのご厚意で、ようやく
レイボードの試乗をさせてもらうことができました。

 マリンボックス100さんの施設・ヨットの準備風景
iQ-Company1.JPG iQ-Company7.JPG

今回はショップの若者2名にご協力していただいて試乗開始。
最初は、ボートのスピード調整も試行錯誤です。
まずは、若者にお願いをしてスピードを上げたり下げたり、マスクはずれるし
ボードの扱いには戸惑うしご苦労をおかけしました。
次に、叔父さんダイバーの試乗です。
なんとかしがみついて、潜ったり回転したり、それなりにさまになっています。
最後にエース登場。それがすごい、初めてとは思えないくらいの動きです!!
ボートの上から見ててもわかるくらいに潜水したり回転したり。
そのうち、スピードを上げる指示が出るほどでした。
上がってくるなり、「とても楽しいグッズですね!!」
前の3名まで少し不安ものぞいていたのでとてもホッとしました。
「最初に少し説明すれば大丈夫ですよ」と言ってもらえました。

iQ-Company4.JPG iQ-Company3.JPG

  水中の画像が無くてごめんなさいね
   iQ-Company5.JPG

次は、ジェットスキーでの試乗です。
「スピードが速いのと2回目なので叔父さんにはきついな」
「最初だったらこのスピードでもついていけるよ!!」
そんなコメントをもらいました。  
 iQ-Company6.JPG

これから、レイボードを日本国内で海のスポーツとして広めていきたいと
思っていますが、まだまだ検討しなければいけないこともあります。
少しづつ課題をクリアしていきたいなと考えています。
また、皆さんにもご案内できる機会がくると思っています、お待ちくださいね。




<<ドイツから・・・ | 伊豆・熱海のダイビングショップ ヴァレンタインキッズさん >>