続 ラッシュガードについて
前回に引き続き今回もラッシュガードについてご案内します。

ラッシュガードは身体を傷、紫外線等から保護するアイテムです。

特に、長時間日差しにさらされる肌ににとって日焼けは大きな

問題です、場合によっては皮膚がんの恐れも(ちょっとオーバー

ですが,でもそれくらい深刻な問題ですよ。

そこで、多くの素材メーカーが競ってUVカットの効果がある素材を

開発しているのです。傘、帽子、手袋と今では多くのアイテムに

それらの素材が使われているは皆さんももちろんご存知ですよね。

それらの日焼け防止効果を現在は"UPF表示”で表しています。

UPF(Ultraviolet Protection Factor)規格はオーストラリア

やアメリカで一般的に使われている衣類の紫外線防止指数のことで

どのくらい日焼けを防ぐかを示した値です。

UPF値が高いほど、日焼け防止・日焼け止め効果が高いです。

また、UPF50以上はUPF50+と表示され、UPF15以上が良いとされており

UPF50+が最高値です。

ラッシュガードを買うときもそんなところを基準にして選ばれたら

良いと思いますよ。

もちろんiQ-companyのラッシュガードもUPF50+です。
当社調べでは、UVカット98%ですよ。


 取扱いについては、使用後はそのままにしておくと生地が変色したりポリウレタンが

劣化したりしますので、すぐに水またはぬるま湯で汚れ・塩分を洗い落としいてください。

特にサンオイルや日焼け止めクリームをご使用の場合は充分洗ってください。

また、伸びる素材だからと必要以上に伸ばすと、中のポリウレタンが切れて元に

戻らないこともありますので気をつけてください(たまにそうなってぶよぶよ波打った

Tシャツを着た人を見かけますね)

以上
DSC01206.JPG  
DSC01204.JPG  iQ-companyのラッシュガード

<<iQ-company.jpからのご挨拶 | ラッシュガードについて >>