オンラインショップについて想うこと
こんにちは。
今日はオンラインショップについて、今私が想っていることを
書いてみたいなと思っています。

おそらく多くのオンラインショップを運営している担当者が感じている
事だと思いますが、それはお客様の顔を見ないで、声を聞かないで接客
していることに対しての欲求不満(表現が難しいですが)的なもの。
具体的には、この商品説明で理解していただけているのだろうか?
お買いいただいた商品は気に入っていただけたのだろうか?
お客様の顔が見えないだけに余計に声が聞きたくなっていると思います。
私もその一人です。

ちょっと前にこんな事がありました。
ラッシュガードとラッシュパンツをご注文いただいて、送ったのですが
上下のカラーが違います。
でもそれはお客様の好みなので確認するのは失礼だと思いながらそのまま
お送りしました。

数日後、そのお客様からお電話を頂きました。
「注文を間違えてしまいました!!」
もちろん「大丈夫です、お取り換えしますよ」とお伝えしました。

こんなやり取りも原因はミスですが、お客様と触れ合える機会で
手間ですがなんだか嬉しくもありました。

昨日はお客様からメールを頂きました。
「ラッシュガード&ラッシュパンツ&海水パンツが欲しいけど在庫がないよ、
なんとかなりますか?」
とても嬉しかったです。
在庫が無いものでもドイツに在庫がある場合はお待ちいただければもちろん
取り寄せます。
アイテム数&サイズがとても豊富なのですべてを在庫することは、
現在は難しいです。
そんな時は是非ご連絡いただきたいといつも思っています。
皆さんも在庫がないとあきらめないで是非ご連絡くださいね。

当ブログでは皆さんの声を募集しています。
「iQ-Companyをこんなに着こなしてます」
「海でこんなの見つけたよ」etc
なんでもかまいません、写真も大歓迎です!!
是非ご連絡ください、お待ちしています。


ご連絡はこちらから⇒ info@iq-company.jp


    iQ-Company.jpg



<<千葉国体にiQ ラッシュガードが登場しました | iQ-Companyショールーム臨時休業のお知らせ(10月13日) >>